• HIROYUKI TOMURA

『群青の追憶』展示替えと終戦の日


先日のビキニ環礁で撮影をした戦艦長門などの展示を新しく加え、展示替えが完了しました。これで、パネル50枚以上、写真総数300枚の展示となります。 それを察知してなのか、このタイミングで祝花が届きました。

鍵井さんありがとうございます!

※先日のクラウドファンディングでご支援いただいた方のリターンである『写真展の招待券』も順次発送させていただきます。今しばらくお待ちください。


また、展示替えが終了した翌日が終戦の日。その日の遊就館の拝観者数を聞いて、とにかくたくさんの方にご覧いただきました。朝から閉館まで常に満員御礼。この先、ぼくの写真展にこんなに人が入ることがあるのだろうか(笑)というくらい。


中にはご親族が撮影エリアの近くで亡くなっていたりとか、現地への行き方を聞かれたりとか、やはり終戦の日ということで、ご遺族やご親族も多かったように思います。そのような中で目立ったのが、家族連れや若い子たち。きっと皆さんがぼくの文書を読んで感じる以上の割合で来てくれています。少しでも思うところがあれば嬉しいですね。


まだまだ展示は続きます。是非、ご拝観ください。