• HIROYUKI TOMURA

震災後の女川・竹浦の海中


女川・竹浦の海の好きな景観の一つであるホヤの群生。 ホヤの養殖業が盛んなこの地域だけど、海中では至るところで天然のホヤもこうして見ることができる。

水温は7℃。

まだまだ海中には瓦礫やゴミなんかもたくさん落ちているけれど、 … 来るたびにホヤが増えている気がしたり、大きくなっているんじゃないかと思うこの光景を見ると、ああ、またこの海に帰って来たなってちょっとホッとする。

また、別のところでは、

お父さんクチバシカジカが卵をしっかりと守り、 次の命を育んでいました。 もういくつか産まれた形跡もありました。 残りの子達も、よく見ると目が見えていたり。

もうすぐハッチアウト。頑張れ!頑張れ!