• HIROYUKI TOMURA

パラオにて沈船の調査を開始。写真は『アイチ製E13A零式水上偵察機』


パラオにいます。 パラオで何をしているかと言うと、 パラオで有名なダイビングポイント、ブルーコーナーにも行かず、 ウーロンやジャーマンチャネルにも行かず、こんなところを潜ってます。 パラオ、特に日系のショップはどこもWW2関連のレックは〝マイナー〟なダイビングだそうで、 基本的にまず行く事がなく、よく知られてないのが現状とのこと。 今回はパラオのブルーマーリンさんの協力で、 沈船に詳しい現地ガイドのクレイトン氏とのタッグを組み、 特別にオールレック取材を敢行しました。 今回は9隻の船に3つの航空機。 写真はその中の一つ『零式水上偵察機』だそうで 現地では〝JAKE SEA PLANE〟と呼ばれています。 また、今回は水中だけでなく、 コロールやバベルダオブ、ペリリュー島などの陸上戦跡の撮影もさせて頂きました。 よく行くチュークなども沈船は多いですが、 こちらもパラオ大空襲などで、相当数のレックが眠っているので、 今回だけでは全て撮影しきれません。 ですので、今後も継続し、できる限り記録を残していきたいと思います。 また、今回の取材の内容は何かの機会でご報告させて頂きますね。